車両不足による機会損失をなくすためにはレンタカー!

投稿日時:2021/06/22(火) 05:44rss


レンタカーは、ビジネスシーンでも活用することができます。
レンタカーをビジネスシーンで活用することで、車両不足による機会損失をなくすことができるのです。
車両不足による機会損失とは、どのようなものなのか解説します。
 

車両不足による機会損失を防ぐ!


営業車、社用車を保有しているという企業も多いですが、十分な数の車両を保有しているところは少ないことでしょう。

ビジネスでは、車両不足による機会損失が起こることがあります。
機会損失とは、簡単に言えば、利益を得られるはずだったのに、その機会をなくしてしまうということです。
一般的な店舗であれば、商品が売り切れてしまったなどのシーンを想像するとわかりやすいでしょう。

車両不足による機会損失というところで見ていくと、営業活動における機会損失があります。
顧客からの問い合せなどあったものの、車両不足によって、顧客への訪問、対応が遅れ、顧客が興味を失ってしまうなどということがあります。

また、車両不足によって、納品が遅れてしまうなどになれば、機会損失はもちろんですが、会社としての信用を失ってしまうことになりかねません。

それから、レンタカー会社でも機会損失は起こりえます。
繁忙期などで、貸し出せる車両が不足してしまっているという場合には、本来貸し出せば、得られるはずだったレンタル料を得ることができなくなってしまうので、典型的な機会損失となります。
 

車両不足による機会損失をなくすには、レンタカー


車両不足による機会損失をなくすには、レンタカーが有効です。
会社の繁忙期などは、とくに車両不足になりやすく、機会損失が起こりやすくなります。
会社の繁忙期はあらかじめわかっていることが多いので、繁忙期には、保有する営業車、社用車の他に、レンタカーを活用してみるとよいでしょう。

レンタカーであれば、繁忙期のときだけ、決まった期間だけ借りるということができます。
レンタカーを活用することで、機会損失をなくし、しっかりと会社の利益につなげることができるのです。
ぜひ、レンタカーを活用してみましょう。
 

まとめ


車両不足による機会損失は、どのような仕事でも起こります。
車両不足による機会損失をなくすには、レンタカーが有効です。
レンタカーであれば、必要なときだけ、必要な期間だけ借りることができます。
会社の繁忙期だけ借りるなどすれば、車両不足を防げるので、積極的に活用してみましょう。

<< 2021年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31