万一の事故!自動車保険で代車(レンタカー)が借りられるケースとは?

投稿日時:2021/11/09(火) 17:25rss

(画像:ベンツCクラスセダン)

■お客様、保険会社様へ

羽田レンタカーでは損保代車でもご利用できます。代車特約5000円、7000円、10000円、15000円など制約がある場合、対物でのレンタカーご利用でもお気軽にお問い合わせ下さい。マンスリーレンタカーが専門ですが、損保代車に関しましては日数のご相談をさせていただきます。東京都内は配車、引取り無料です。


■万一の事故!自動車保険で代車
(レンタカー)が借りられるケースとは?

ドライバーなら、どんなに安全に注意して車を運転しても、事故に遭うの可能性はゼロではありません。
万一の事故で、車を修理する場合、車を買い替える場合でも、すぐには車が使えませんので不便ですよね。
すぐに車が使えるように、保険会社が代車を用意してくれるケース(損保代車)があり、代車にはレンタカーが使用されます。
今回は、万一の事故の際に代車が借りられるケースや借りられないケースについて詳しく紹介します。

■自動車保険の代車特約で代車が借りられる

代車特約とは、自分の車を事故で修理する場合、修理期間中に代車(レンタカー)を提供してもらえる特約です。
「特約」のため、自動車保険に最初からは付帯していません。
車両保険に加入していないと代車特約は付帯することが出来ず、車両保険に加入していない場合には、保険会社を通じて代車を借りることが出来ません。
なお、「車対車限定」「限定特約」など対車との事故の場合にのみ保険金が支払われる車両保険契約でも、対車との事故に限り代車を借りることが出来ます。

車を購入したディーラーや馴染みの修理工場に修理をお願いした場合、無料で代車を提供してもらえることもあります。
修理が終わるまで、または次に乗る車が納車されるまで代車を貸してくれます。この場合は、レンタカーではないケースもあり、ディーラーや修理工場所有の車の可能性もあります。

■相手の対物賠償保険で代車のレンタカーを借りられる

信号待ちで追突されたケースなど、自分に過失が無い場合には、相手の対物賠償保険で車の修理期間中に代車を借りることが出来ます。

相手の対物賠償保険で代車のレンタカーを借りる場合には、下記の内容がほとんどです。
・自分の乗っている車種と同等クラスのレンタカーを借りることが出来る
ベンツやBMWなど輸入車の場合、同等クラスの輸入車を借りることも認められています。
ただし、コンパクトカーに乗っていて輸入車やレクサス等のレンタカーはNGです。
・レンタカーを借りられる期間は概ね12週間程度
ただし、部品調達など修理に時間を要する理由が明確であれば、12ヶ月程度借りることが認められます。

事故が交差点内であったり、どちらも動いている状態の場合には100にならないケースが多くなります。
過失割合によって、対物賠償保険が満額出ない場合があります。例えば自分が40%、相手が60%の場合は40%分の修理代が出ません。この場合、40%は自分の加入している車両保険で賄う必要があります。
保険会社に相談の上、代車特約でレンタカーを借りることをおすすめします。

過失割合や補償額に納得出来ない場合には、交通事故に精通した弁護士に相談すると良いでしょう。自動車保険に「弁護士費用特約」を付帯することでスムーズに解決出来ます。

■自分でレンタカーを借りる

代車やレンタカーを提供してもらえない事故の場合は、自分でレンタカーを借りて乗るのもひとつの方法です。

レンタカーの場合、ウィークリー(週単位)やマンスリー(月単位)で借りることで、1日当たりのレンタル料がお得になります。長期のレンタルの場合は、納車・引き取りを無料で行う会社もありますので、交通費もかかりません。
また、コンパクトカーから輸入車まで、自分の好みで車種を選ぶことも可能です。
次に購入する車が納車されるまでレンタカーを借りて乗るのもひとつの方法と言えます。

■まとめ

事故で代車のレンタカーを借りることが出来るのは、車両保険付きの自動車保険に加入しており代車特約を付帯している場合に限り、最大30日借りられます。

相手の対物賠償保険でレンタカーを借りる場合、自分の車種と同等の車種を修理期間分借りることが出来ます。

自分でレンタカーを借りる場合、長期レンタルなら1日当たりのレンタル料がお得になります。
 

<< 2022年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31